ことば化

ライティング

対面で売れるまでWebライティングを任せてはいけない理由

文章が苦手だから
Webのライティングをプロに任せたい、という方います。
 
しかし、対面で売った経験が少ないとしたら
ライティングはまだ任せるべきではありません。
 
対面で売れていないということは、
どういった顧客が、どんな状況で、どういったことを言われると、
どう感情が動いて、最終的にどのタイミングで買おうと決断するか、
鮮明に描けていないということです。
 
自分ができるようになる前に「売る」ところだけ
他人に任せてしまうと、
上げてしまった「ハードル」と実際の「パフォーマンス」にギャップが出たり、
自分自身で売る仕組みの改善ができなかったり、
かえってよくない結果につながるのです。
 
 
セールスマンの部下を持つ(=ライティングを任せる)のは
自分がトップセールスになってから。
 
自分でライティングをすることは、

自分のサービスを磨くために必須のプロセスなのです。

ピックアップ記事

  1. 読まずにはいられない、相手を「ドキッ」とさせる文章術

関連記事

  1. 書くことを諦めないで

    ライティング

    書くことにチャレンジするあなたへ

    今まさにブログを書きはじめようとするあなたに伝えたいこと。…

  2. ドキッとさせる文章術

    ライティング

    読まずにはいられない、相手を「ドキッ」とさせる文章術

    「人を幸せにできないと、幸せになれないよ。」と言われてドキッとしてしま…

  3. ブログ ライティング

    ライティング

    書くのが楽しくなる!コーチ・コンサルのためのブログテンプレ

    コーチやコンサルの方がブログを書くときの、ネタの掘り起こしの手順と、読…

仕事につながる濃い~反応をとる!肉食系ライティングの会

最近の記事

  1. ドキッとさせる文章術
  2. クライアントの定義
  3. 書くことを諦めないで
  4. アウトプット・ライティングおすすめ本
  5. ブログ ライティング
  1. ブログ ライティング

    ライティング

    書くのが楽しくなる!コーチ・コンサルのためのブログテンプレ
  2. 女性コンサルタントの悩み

    ターゲティング

    クレームに悩まない経営者のクライアントを「選ぶ」力
PAGE TOP